FANDOM


pop'n stage』(ポップンステージ)は、1999年にコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)が発売した音楽ゲーム「BEMANIシリーズ」の1つで、『pop'n music』の派生バージョン。『Dance Dance Revolution』のような全身運動をコンセプトに開発された。通称は「ポプステ」「足ポップン」など。

筐体概要 編集

『pop'n stage』の筐体は正面のディスプレイと10枚のフットパネルを持つステージからなる。10枚のパネルスイッチは、X字を描くように5枚が配置された物(左下に白、左上に黄、中央に赤、右上に青、右下に緑)が、横に2セット並んだ形となっている。『pop'n music』とは違い、左右のパネルの配色は左右対称ではない。正面のディスプレイの下には、選択用の青い左右セレクトボタンと決定用の赤ボタンがある。

なお、当初のバージョンでは譜面のノートであるポップ君が全て同じデザインとなっていたが、後のマイナーバージョンアップ版(ex)では各サイド中央のパネルである赤以外は三角形となり前後方向の視認性が向上した。なお、旧来と同じ丸いポップ君を選択することもできる。

シリーズ作品 編集

  • pop'n stage(1999年9月稼動)
  • pop'n stage ex(1999年12月稼動) - 旧バージョンからモードや譜面、システムなどの変更、新曲の追加などが行われた。

基本ルール 編集

基本ルールは『pop'n music』とほぼ同じで、手の代わりに足を使ってポップ君を踏み、楽曲を演奏する。ただし、『pop'n music』とは天地が逆で、『DDR』のようにポップ君が下から上に上昇していく。ポップ君をタイミングよく踏んでグルーブゲージを上昇させ、曲終了時にゲージが赤色のGOODゾーンまで到達していればステージクリアとなる。曲の途中でゲージが空になった場合でも、『DDR』のようにその場でいきなりゲームオーバーにはならず、その曲の最後まではプレイできる。

ゲーム開始時にフットスイッチ数選択となり、中央のみを使用する1人用の6スイッチ、全てのスイッチを使用する2人用の10スイッチから選択する。10スイッチは基本的に2人でプレイするための譜面となっているが、グルーブゲージは1つ(2人で共有)である。

モード 編集

本作にも本家『pop'n music』のようないくつかのモードが存在し、モードにより難易度が変化する。各モードにはデフォルトのプレイヤーキャラクターが用意されているが、『pop'n music』と同様に使用するキャラクターを変更することもできる。

BEGINNER 
旧バージョンのみ存在。練習ステージの後に1曲のみプレイ可能。初期キャラクターはニャミ。
NORMAL 
3曲遊ぶことが可能になっている。旧バージョンとexでは譜面が異なり、exでは全体的に難易度が低下し、一部の曲が選択できない。初期キャラクターは、旧バージョンではジュディ、exではミミ。
ANOTHER 
exでの追加モードだが、実質的な位置としては旧バージョンのNORMALにあたる。NORMALモードよりも少し難しい譜面で3曲プレイする。exではこのANOTHERでしか遊べない曲も存在する。初期キャラクターはジュディ。
MANIAC 
exでの追加モード。モード選択画面で画面下の選択ボタンを2個同時押しするとANOTHERの表示がMANIACに変化し、選択することができる。上級者用の譜面となっており、難易度が非常に高い。このモードのみ、10スイッチ譜面が1人でもプレイ可能な配置となっている。また、このモードでは相手キャラクターが全て『pop'n music』のレイヴガールのような配色に変化する。
HARD 
あらかじめ決められた4曲で構成されたコースから選択しプレイするモード。曲プレイ中は自動的に決められたオジャマが発動する。ゲージの仕様が他のモードと異なり、100%からスタートするが途中で回復はせず、減少した分はそのまま次の曲へ持ち越しとなり、ゲージがなくなるとゲームオーバーとなる。初期キャラクターはボンバー。

キャラクター 編集

『pop'n music』と同じシステムで、ポップくんを踏んだ判定によって左右に表示されているキャラクターの動作が変化する。後に本家『pop'n music』シリーズへ移植されたキャラクターもいる。pop'n music#キャラクターの項目も参照。

発売前と発売後、そしてその後 編集

発売前はポップンの曲が出来る『DDR』風ゲームということで少し話題になったが、場所をとることと『DDR』筐体を流用できない全くの新型で筐体価格が高かったせいか、非常に出回りが悪く(今はなき「チルコポルト」などのコナミ直営店や「Round1」などのごく一部の大型店舗でしか見かけなかった)、さらにパネルが『DDR』の配置とは違い、パネルの配置も直感的に分かりづらいことなども影響したのか、発売後は発売前ほど話題にならず、入れた店でも次々と撤去されていった。それでも、地方や大型店舗では残っている所も未だあり、そういう店でこのゲームは貴重な存在である。

なお、本作のオリジナル楽曲は、後に『pop'n music』シリーズのアーケード版やプレイステーション版、プレイステーション2版などにおいて、権利上の問題によって見送られた1曲を除いて、全て譜面を手でプレイする用にアレンジされて移植された。アーケード版には全曲は移植されておらず、家庭用の『6』(PS)と『7』(PS2、『6』で隠し曲だった分を再録)でしかプレイできない曲も存在する。

外部リンク 編集

Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はPop'n stageにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki