FANDOM


pop'n music』(ポップンミュージック)はコナミ(現・コナミデジタルエンタテインメント)がBEMANIシリーズの第2弾として発売した音楽シミュレーションゲームのシリーズである。1998年に第1作がアーケードゲームとして初登場した。

操作デバイスが他の音楽ゲームでよく見られるような特定の楽器を模したものではなく、大きな9つのカラフルなボタンであるため、ジャンルにとらわれない様々な音楽を演奏できるのが特徴となっている。可愛らしいポップな雰囲気で、キャラクターの人気も高い。後に家庭用版も発売され、アーケード・家庭用共にシリーズ数は既に10以上を数える。

pop'n music』というタイトルの名付け親は、当時『beatmania』のサウンドディレクターだった南雲玲生である。カタカナで『ポップンミュージック』と表記される場合も多い。略称は「ポップン」「ポプ」「pm」など。シリーズが1桁台だった頃は、「ポ○」(○にはシリーズの数字が入る)と呼ばれることもあったが、副題がつくようになった『12 いろは』以降はあまり見られなくなっている。

概要 編集

企画当初は、BEMANIシリーズ第1弾である『beatmania』をより広いユーザー層に向けたものにしようという、いわば『beatmania』の妹的存在だった。ただしよりコア、クールな方向性の『beatmania』シリーズに比べ、本シリーズはタイトルどおりポップなイメージで統一し、どこかで聞いたような「なんちゃって」な曲や「ごっこ遊び」的な曲を意図的に収録するなど、楽曲もバラエティを重視したものになっている。またその観点から協力プレイを主眼に入れ、I/Oデバイスであるボタンは9つに設定された。しかし現在、初心者やカップル、一部のグループを除いては、協力プレイのスタイルを楽しむプレイヤーはほとんど存在しない。

『beatmania』はその後、派生バージョンである『beatmania IIDX』とともに、ヒップホップテクノトランス系中心の楽曲と劇画調やサイバーチックなキャラクターで「クール」なイメージを出していったのに対し、本作はジャンルにとらわれない幅広い楽曲と可愛らしいタッチのキャラクターで、一貫した「ポップ」なイメージを演出している。そのため両者で異なるファン層を獲得し、音楽ゲーム全体の人気を牽引する役割を担った。

特徴 編集

アーケード版は各種音楽ゲームの中でも収録楽曲数が群を抜いて非常に多いことが特徴となっており、現行稼動機種での総曲数は600曲を超える。これは、他の音楽ゲームではよく見られる「新シリーズの登場で一部の旧シリーズの曲を削除」ということが、このゲームではコナミオリジナル曲や外部アーティスト提供曲の場合は基本的に行われず、過去の楽曲もほぼ全て継続収録されているためである。2回目の基板変更が行われた『9』で、『1』~『8』までのほぼ全曲が再録され、それが現在まで継続されている。

また、『6』より、テレビ番組で使用された曲やアニメの曲が収録され、オリジナル以外の曲もプレイすることができるようになった。これらに加え、外伝的作品『アニメロ』シリーズの一部の曲も、メインシリーズへ再収録されている。ただし前述のコナミオリジナル曲などと違い、これら版権曲の一部は権利の関係で後のシリーズでは削除されることがある。

上記アーケード版だけではなく、コンシューマーゲーム(家庭用、CS)としてプレイステーション(PS)、ドリームキャスト(DC)、プレイステーション2(PS2)などへも移植されており、それぞれにアーケードのボタンを模した専用のコントローラ(ポップンコントローラ)も発売されている。専用コントローラを使用せずに通常のコントローラでもプレイすることができるが、この場合はアーケード版とは操作方法が大きく異なる。

家庭用ゲーム版ではアーケード版と異なり全ての過去曲を収録しているわけではなく、基本的にそのシリーズのアーケード版新曲、一部の旧曲(主に前作の隠し曲)、そして家庭用版オリジナルの追加楽曲が収録されている。ただし、そのバージョンの新曲であっても、権利の関係で版権曲を中心に未収録となっている曲もある。家庭用版オリジナル楽曲は各作品10曲台後半(20曲を超えることもある)が用意されることが多く、他のBEMANIシリーズの家庭用移植タイトルに比べ、群を抜いて多い。一部の家庭用オリジナル曲はアーケードへも移植されているが、多くの場合はそのうち数曲の移植にとどまり、アーケードではプレイすることができない家庭用版限定の楽曲やキャラクターも多数存在、それぞれの数は100種類をゆうに超える。

pop'n musicシリーズ一覧 編集

pop'n music 編集

! AC(アーケード) CS(家庭用)

外伝的作品編集

  • ビーマニポケット ポップンミュージック
  • ポップンステージ
    • ポップンステージex
  • ポップンミュージック アニメロ
    • ポップンミュージック アニメロ2号
    • ポップンミュージック アニメーションメロディ
    • ポップンミュージックGB アニメーションメロディ
    • ポップンミュージック ミッキーチューンズ
    • ポップンミュージック ミッキーチューンズ!
    • ポップンミュージック ディズニーチューンズ
    • ポップンミュージックGB ディズニーチューンズ
  • ポップンミュージック打!!
  • ポップン対戦ぱずるだまONLINE βバージョン
    • ポップン対戦ぱずるだまONLINE
  • ポップンミュージック カードゲーム(カードゲーム・2003年10月23日発売)
  • マリンバ天国(TV接続型ゲーム機・2005年9月15日発売)

pop'n musicシリーズに関連のある外部作品 編集

  • コナミワイワイレーシングアドバンス(GBA)
  • ビシバシチャンプオンライン(AC)
  • アラビアンクリスタル(AC)
  • コナミワイワイ倉庫番(iアプリ、S!アプリ)

コラボレーションとして一部の楽曲やキャラクターがゲスト出演している。

  • G坊のひみつ基地
ジーパラドットコム (Gpara.com) がインターネット上で提供している、ミニムと呼ばれるアバターを操る無料ビジュアルチャット『G坊のひみつ基地』内に、2003年6月27日からCS8発売に合わせて、建物などがポップン風の新ワールド「ポップンタウン」がオープンした。同時にポップンキャラクターの姿のミニム「ポップンセット」も配信され、2005年8月時点で追加セットは「その18」まで登場している。

脚注 編集


関連ページ 編集

外部リンク 編集


Smallwikipedialogo.png このページには、クリエイティブ・コモンズでライセンスされたウィキペディアの記事が使用され、それをもとに編集がなされています。使用された記事はpop'n musicにあり、その著作権者のリストはページの履歴に記録されています。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki